すずかのぶどうロゴ SITEMAP HOME
 ぶどうについて  市民情報ネット ぶどう通信  リンク  お問い合わせ
以下、サブコンテンツ

  ぶどう通信
以下、内容

   ぶどう通信


  すずかのぶどうの活動を通して皆さまに情報を発信していきます。
平成19年4月1日
発行:NPO法人 市民ネットワーク すずかのぶどう  NO:71

 
新年度にむけて
         新年度にむけて

例年のことながら、これから18年度決算書・19年度事業計画書を作成し、運営会議・理事会を経て総会を開催することになります。(この間会計監査を受けます)
その資料を基に税務申告・NPO室への報告書提出となります。
この中で苦労するのが新年度の事業計画策定で、継続事業以外の新規事業がなかなかまとまりません。
行政の人事異動の影響もそのファクターの1つですが、特に今年のように選挙の年は例年より一ヶ月以上かかるかもしれません。
勿論前年度中に判っていて準備のできることも多々あります。
例えば昨年度は「生活創造圏推進ビジョン推進会議」の終了をうけて、新団体「やすらぎくんネット」を立ち上げるに際し事務局を引き受けましたので、総会準備と継続イベント準備・実行が大きな仕事でした。
今年度は「三重環境県民会議」が18年度末で終了し、鈴鹿・亀山地域環境情報連絡局を担ってきたすずかのぶどうとして新たな取組方を検討すると同時に、県内のネットワーク(9連絡局団体)の活動のあり方を模索していくことになります。
また昨年度、鈴鹿市と初めて共同開催した「鈴鹿市NPO支援講座」には沢山の方のご参加をえて無事終了しましたが、アンケートの結果、直接・間接のご意見を加味し次ぎのステップへ目標設定・方法を企画・検討しなければなりません。
 一方 継続事業では「NPO-ICT推進活動事業」の比重が大きく、図書館・公民館・市民館などでのパソコン講習、「B−チャレンジ in 白子」でのミニ講習やパソコン相談、公民館などでのPCサークル活動支援などが含まれます。この事業は多数のボランティアやIT講師の方々の協力で行っています。
今年度は「B−チャレンジ in 白子」をより一層活用し、障害者対応・講師スキルアップ講習の充実と個人支援として昨年度から開始したPC貸し出しを行います。また鈴鹿市から預かっているPC10台(今期2〜3台増)の活用も重要なテーマとなります。
 昨年10月オープンした白子駅前センター商店街の「アンテナショップ」の運営管理を加え、駅西活性化協議会事務局担当も継続されます。
福祉・環境・IT支援・まちづくりに加え中間支援団体として多様な対応を求められる「すずかのぶどう」は皆様のご協力なしではなりたちません
 今年度もよろしくご指導・ご協力のほどお願い申しあげます。



環境のHPを立ち上げました。
 HPアドレス「みえ地域環境情報ネット」 http://budou.gr.jp/kankyou/

 皆様の情報で内容が充実していきます。情報をお寄せください。

当サイトは内容の無断転載・複製・コピーを一切禁止しております